目の病気を予防するにはビタミン、ミネラル、 ルテインなどが豊富な野菜を摂りましょう。

目の病気

 

野菜不足は目の病気(眼病)を招く原因になってしまいます。
それは一体どんな病気なのか、そしてどうすれば予防・改善することが出来るのかを紹介していきます。

 

代表的な目の病気とその原因

一口に目の病気と言っても、それには色々な種類があります。
それらを全て挙げるわけにはいきませんので、代表的なものをいくつか選んでいきます。

 

  • 緑内障 眼圧が上がることで見える範囲が狭くなる病気
  • 加齢黄斑変性 網膜の中心の黄斑という部分が変性して見え辛くなる病気
  • 糖尿病網膜症 糖尿病が悪化することで網膜に悪影響を及ぼす病気
  • 網膜中心静脈閉塞症 網膜の静脈に血栓ができ、それが詰まって出血する病気

 

これらはいずれも、最悪のケースでは失明にまで至る病気です。
では、これらの病気が起こる原因は一体何なのでしょうか。
これについては色々な要素が関係していて一概には言えないのですが、主たる原因としては血流・代謝の悪化や活性酸素の増加といったことが挙げられます。

 

野菜不足解消には野菜ジュースがおすすめ

目のイラスト

血流・代謝の悪化や活性酸素の増加をそのまま放置しておくと、最悪の場合には失明にまで至る眼病に掛かってしまう恐れがあります。
そこで重要になってくるのが、血流・代謝の悪化や活性酸素の増加といった現象がなぜ起こるのかということです。
これまた一概には言えないわけですが、主たる原因は野菜不足であると考えられています。

 

過去数十年の間に日本人の食の欧米化(肉食化)が進んだことによって、野菜不足に陥る日本人は年々増えてきています。
そしてそれに伴って、野菜不足が原因で起こる血流・代謝の悪化や活性酸素の増加といった現象も起こりやすくなっているのです。

 

しかしこれは逆に言えば、野菜を十分に摂取すればこうした事態を避けられるということでもあります。

 

ですから、もしも緑内障その他の眼病に掛かりたくなければ野菜不足という事態にだけはどうしてもなってはならないのです。
とは言え、毎日一定の量の野菜を摂取するというのはそう簡単ではありません。
特に野菜嫌いの方にとっては毎日野菜を摂取するというのは苦痛でしかありません。

 

そこでおすすめしたいのが、野菜ジュースです。

 

野菜ジュースであれば砂糖やハチミツなどを入れることで飲みやすい味にすることが出来ますし、また野菜に含まれる諸成分を短時間で摂取することができます。
そしてもちろん、野菜ジュースには血流・代謝の悪化や活性酸素の増加といった現象を改善する効果があります。
まず、野菜ジュースには少量の摂取で長時間腹持ちがするという特徴があります。
現代人の多くは概して食べ過ぎの傾向にあり、それが原因となって血流や代謝が悪化しています。
そこで野菜ジュースと一緒に食事を摂る、または一食を野菜ジュースに置き換えるといった事を行えば必然的に食べる量が減り、結果として血流や代謝の悪化を防ぐことが出来るのです。

 

また、野菜ジュースには活性酸素を除去する抗酸化物質が豊富に含まれています。
野菜の中にはポリフェノールやカロテノイド、ビタミンCといった成分が含まれており、これらが活性酸素を除去する働きをしてくれるのです。
そして当然、野菜を使って作られる野菜ジュースにもこれらの成分が含まれているということになりますので、野菜ジュースが活性酸素の増加を抑えるという事にもなります。

 

ビタミンCを豊富に含む野菜は特に優秀で、ビタミンCには活性酸素を除去するだけでなく血流を改善する効果もあります。
ですので、野菜ジュースを作る際にはビタミンCを多く含んだ野菜をメインにすると良いでしょう。
また市販の物を購入する場合にも、ビタミンCを多く含有している野菜ジュースを選ぶことをおすすめします。