体は温かくても、お腹や太もも、二の腕だけが冷たい「内臓型冷え性」もあります。

冷え症

 

冷え性

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、生理などの影響で自律神経のバランスを崩しやすいため、冷え症になりやすくなっています。

 

また、食生活の乱れによる野菜不足や無理なダイエットによる栄養の偏り、甘いものなど糖分の摂り過ぎも原因になっているようです。

 

食生活の改善とともに、夏場の冷房は冷えすぎないようにする
運動で筋肉量を増やすなどの、生活全般を見直すことが大切です。

 

冷え症になると、手足の冷えの他に、

  • 頭痛・肩こり
  • 寝つきが悪い
  • 慢性的に体がだるい
  • 認知力の低下
  • 肌の状態が悪くなる
  • むくみ
  • 便秘(あるいは下痢)

などの症状が現れます。

 

また、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、
ひどくなってくると次のような病気にかかりやすくなります。

 

 

婦人科系の病気

体が冷えると女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、
様々な婦人科系の病気や不妊を招きやすくなります。

 

関節痛

冷えることで筋肉が硬直し、常に体の一部に力が入っている状態になります。
その為、ますます血流が悪くなり、筋肉がこわばって、
肩こりやひじ、腰などの痛みに繋がります。
痛みによって関節の動きが悪くなり、慢性のリウマチを招く恐れもあります。

 

膀胱炎

膀胱の中の粘膜温度が低いため、細菌が繁殖しやすい状態になり、発症しやすくなります。

 

自律神経失調症

冷えは自律神経のバランスを崩し、
自律神経の乱れによってさらに血行が悪くなり、体が冷えるという悪循環を招きます。

 

 

 

 

内臓型冷え性

冷え症には、
体は温かいのにお腹や太もも、二の腕だけが冷たい状態になる「内臓型冷え性」もあります。

 

冷暖房などの影響で、自律神経がうまく体温調節をできなくなると、
内臓に血液を集めることができなくなり、内臓が冷えてしまうのです。

 

内臓の冷えによって低体温(35度台)になると、抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなります。
また、内蔵機能も低下するので、膀胱炎や機能性胃腸障害などになりがちです。

 

内臓型冷え性は、自覚症状が殆どないため、症状を悪化させやすい傾向があります。
特に夏場など、冷房を使うときは注意が必要です。