皮膚の病気や肌のトラブルの原因について

皮膚の病気

 

野菜不足は原因で肌が荒れることは良くあります。

 

多くのビタミンには、皮膚の調子を整えるものがありますが
野菜不足で、正常な肌の再生も行われにくくなっていたり
新陳代謝が、きちんと行われないことで再生もされにくい状態になります。

 

 

野菜不足が引き起こす、皮膚病は

 

 

ニキビ

ニキビは誰にでも一度は経験したことのある肌のトラブルです。

 

ニキビの原因にはいろいろありますが野菜不足からの便秘が原因の場合や、
ビタミンの不足から、新陳代謝が乱れ肌の再生がきちんと行われていないことも関与します。

 

ニキビを気にする女性の画像

ニキビの治療には、ニキビを取り除き、肌の再生を促すものがありますが、再生される時に野菜不足ではニキビを繰り返すことになります。

 

野菜に多く含まれるビタミンCは、コラーゲンの再生を促し、また紫外線からの抵抗力も強めます。

 

アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎の人が増えています。
アトピー性皮膚炎の治療を行っているのになかなか良くならないので
食生活の改善を行い、和食中心の野菜をたっぷり食べるように変えた結果
改善されることが良くあります。

 

日本人の食生活は、野菜の煮物などを、肉よりも良く食べていましたが
現代の欧米化した食生活では野菜不足になりがちでそれと同時にアトピー性皮膚炎も増えてきているようです。
糖尿病にも注意をしよう!

 

 

アレルギー性の皮膚炎

野菜不足から、食物繊維も不足し、便秘になってしまい
蕁麻疹のようなアレルギー疾患を引き起こす可能性があります。

 

 

壊血病

ビタミンCが不足して起こる病気で、皮膚や粘膜から出血する病気です。
かつての大航海時代航海中にビタミンCが不足することから海賊からも恐れられていた病気です。

 

原因がビタミンCであると解明されてから、海軍でも、ライムを使ったりキャベツのザワークラフトを取り入れて、壊血病予防を行われましたが、現代でも野菜不足やファーストフード、コンビニフードや、加工食品は、製造して時間がたっているとビタミンCも減っています。

 

また、喫煙などで、ビタミンCを消耗してビタミンCの不足を起こしていることもあります。