うつ病の原因のひとつが野菜不足による葉酸の不足です

精神的な病気

 

野菜不足は心臓の病気などの病気だけでなく、精神的な病気も関与します

 

 

うつ病

野菜に含まれる葉酸は、うつ病の予防に効果があるという研究結果が出ています。

 

葉酸は、精神を安定させます。

 

葉酸は、ブロッコリー、アボカド、モロヘイヤ、アスパラ等の緑黄色野菜に多く含まれています。
野菜中心の和食を食べている人ほど、うつ病が少なく、欧米風の食事をとる人にうつ病が多くみられる結果も出ています。

 

和食は、野菜が多く、魚中心で、あまり赤身の肉は食べません。

 

その他にうつ病予防に
ビタミンB6、ビタミンB12が効果があり、サンマなどの青魚に多く含まれています。
また青魚に含まれるDHAも脳神経の働きを助け、うつ病予防に効果があります。

 

お菓子食べ過ぎ統計的に野菜や果物、魚を食べている人に、うつ病が少なく

 

加工食品や、お菓子などの甘いものに揚げ物をを多く食べている人がうつ病になるという結果があります。

 

また、緑茶のテアニンは脳の神経伝達物質や、栄養因子の生成に関係があり、うつ病の予防に効果があるという研究結果が出ています。

 

 

 

情緒不安定

野菜不足から、情緒不安定な子供が最近増えています。

 

これは、野菜不足や、野菜嫌いから野菜のミネラルや、ビタミンの不足がその原因の一つと言われています。
ビタミンは、副腎皮質ホルモンと似たような働きをし神経を落ち着かせ、脳細胞を活性化しています。

 

野菜不足から、脳の働きに必要な、ミネラルも不足した状態では脳の働きが悪くなり、すぐにキレるというような状態になります。
この様なストレスが生じると、ビタミンCを大量に消費しビタミンCの不足となってしまいます。

 

イライラなどの情緒不安定の改善に効く成分は

 

マグネシウム

脳の神経の興奮を鎮め、精神を安定させる効果があります。

カルシウム

興奮を抑え、不足するとイライラすることがあります。

ビタミンC

ストレスの解消の為に副腎皮質ホルモンが消費されます、ビタミンCは、副腎皮質ホルモンの原料となります。

ビタミンB1

脳のエネルギーとなる糖質の代謝に欠かせないビタミンです。

ビタミンB6

神経伝物質の合成に欠かせないビタミンです。

トリプトファン

幸せホルモンと言われるセロトニンの原料で、精神安定、睡眠、などに関与します。